ビュフェと1940-50年代 不条理に対峙する絵画



急いで帰る 2014 《キリストの受難展》 ポスター 1954年



画家と版画 拡がるイメージ
会期:2015年10月24日(土)-2016年1月12日(火)

ベルナール・ビュフェの作品は、ジャズ喫茶で展示されたり、マッチ箱やレコードジャケットなどの印刷物に使用されたりと、1960年代に日本でも人々の生活に寄り添う身近な芸術として親しまれていました。ビュフェの作品が、このように広く知られるようになった背景の一つとして、ビュフェが版画作品の制作に取り組んだことがあげられます。描いた一点のみが作品である油彩画と異なり、版画は一つのイメージを複数点つくり出すことができるという特徴があります。油彩作品だけでなく、すぐれた版画作品をも制作した画家をフランスでは “パントル・グラヴール”と呼びますが、ビュフェはまさしくパントル・グラヴールとして、ドライポイントやリトグラフという技法の版画作品を生涯にわたり制作しました。そして、ポスター芸術や、文学作品とのコラボレーションによる挿画本の制作など、画家として表現の幅を拡げていったのです。本展では、版画作品の他にも、挿画本やポスター、ドライポイントの銅原版などを展示し、ビュフェの版画作品の魅力とイメージの拡がりをご紹介いたします。

開館時間:10月 10:00-17:00/11-1月 10:00-16:30(入館は閉館の30分前まで)
休館日 :水曜日/年末年始(2015年12月26日(土)-2016年1月6日(水))
入館料 :大人:1000円(900円)/高・大学生:500円(400円)/中学生以下:無料
     ※()内は20名様以上の団体割引料金
主  催:ベルナール・ビュフェ美術館
後  援:長泉町教育委員会、静岡新聞社・静岡放送


《モンマルトルのサクレ・クール寺院》 銅原版 1995年
《顔》 リトグラフ 1958年
《赤と黄の蝶》 リトグラフ 1964年

【関連ワークショップ】 ※好評終了しました

1)体験!ドライポイント
銅銅板にニードル(針)で引っかくように線を描き、彫った溝につめたインクを転写するドライポイントの作品をつくってみよう。

日時:11月8日(日) 13:00-16:00
会場:ビュフェこども美術館
定員:8名 ※小学校4年生から大人まで
料金:1,000円

2)はじめまして 版画
板の上にインクで模様を描いて紙に写してみる、モノタイプ版画に挑戦!
ちいさなお子さまもご家族と一緒にぜひご参加ください。
日時:11月14日(土)・15日(日) 各日13:00-/14:30-
会場:ビュフェこども美術館
定員:各回10名 ※どなたでもご参加いただけます
料金:500円


3)長谷川ジェットさんの版画教室
紙やひもを使ってつくった版を、プレス機で刷ったらどうなるかな?
凸凹の楽しい版画に色をつけて、クリスマスカードをつくろう。
日時:12月13日(日) 13:30-16:00
講師:長谷川ジェット(現代美術作家)
会場:ビュフェこども美術館
定員:20名 ※小学生以上
料金:1,000円






長谷川ジェットプロフィール

現代美術作家。1975年生まれ。1998年、名古屋芸術大学美術学部絵画科洋画専攻版画コース卒業。
1998年より個展やグループ展を多数開催。2014年、個展「長谷川ジェット ストレート、ロックで」をベルナール・ビュフェ美術館で開催。同年、作品に長谷川自身が詩をつけた絵本『どうぶつラララ』『のりものドガガ』(NOHARA)を刊行。現在、静岡県長泉町に在住し、制作活動を続けている。
【ご予約・お申込み】

お電話にてお申込ください。
ベルナール・ビュフェ美術館 Tel.055-986-1300 (10月8日(木)より受付開始)