日本の原風景を描く 広重の「東海道五拾三次」と現代作家たち

会期: 2014年7月19日(土)-9月28日(日)
会場: ベルナール・ビュフェ美術館 別館

歌川広重《三島 朝霧》 1833年頃
山口晃《三島名所圖畫 ムーミン神社》
2011年
©YAMAGUCHI Akira
ベルナール・ビュフェ美術館では、浮世絵師・歌川広重(1797−1858)による保永堂版「東海道五拾三次」と、広重の作品にインスピレーションを得た現代作家たちによる作品を紹介。

広重の最高傑作として知られる保永堂版「東海道五拾三次」は、街道沿いの土地の風土を、四季の移り変わりや時間とともに、詩情あふれる描写で描き出します。広重による「東海道五拾三次」は、それぞれの土地の風景のなかに、多彩で豊かな人物描写があることでも知られ、その人間味溢れる作品世界は、現代においても多くの作家たちの心をとらえています。
イケムラレイコ(1951−)はヨーロッパを拠点とした活動を行う、人間の存在を根源的に問い続けてきた作家です。震災以降、日本の原風景を描き出したと言われる広重の「東海道五拾三次」と対話をはじめ、自身の詩とともに、新たなシリーズを生み出しています。
山口晃(1969−)は、大和絵風の細密画のなかに、武士や現代人を共存させ、過去の様式と対話しながら、近代批判の精神をユーモラスに描きます。山口は三島周辺で目にした三嶋大社や神社などを、独自の解釈で表現し、新しい風景をつくり出しています。
和征(1976−)は、「広重はぼくのヒーロー」と語り、三島周辺に滞在し、魅了された源兵衛川や柿田川で感じた風景を、自身がとらえた事象を、絵画とインスタレーションとして構築します。
本展覧会では、広重の「東海道五拾三次」の魅力を再発見し、現代作家たちの作品とともに、来館者それぞれの原風景についても考える機会となれば幸いです。


開館時間 7・8月 10:00-18:00/9月 10:00-17:00
※ご入館は閉館30分前まで
休館日 水曜日 ※8月13日は開館
入館料 一般1000円(900円)大学生・高校生500円(400円)
中学生以下は無料 ( )内は20名以上の団体料金
主 催 ベルナール・ビュフェ美術館
協 力 長泉町教育委員会/静岡県教育委員会/静岡新聞社・静岡放送


イケムラレイコ「Hiroshige series」より 2013年
©Leiko Ikemura
和征《54》 2010年


【展覧会関連イベント】

■体験型展示コーナー
私の大切な風景
展示室内にいつでも誰でも参加できるワークショップのコーナーを設置。「私の大切な風景」をテーマに、あなたの原風景を絵に描き、壁に貼っていきます。

広重の風景を旅する人にヘンシン!
江戸時代の旅人にヘンシンして、広重の時代にタイムトリップ。

富士山おみくじ
美術館の中に「富士山神社」が設置されます。池ヶ谷知宏さんがつくった「富士山おみくじ」を引いてみませんか。

■ワークショップ
竹﨑さんと一緒にひとつの風景をつくってみよう
現代作家の竹﨑和征さんと一緒に展覧会を鑑賞し、絵を切ったり貼ったりしながら、ひとつの風景をつくりましょう。
※こちらのイベントは終了しております。
   日時 7月21日(月・祝)13:00-15:30
   対象 幼児から中学生まで
   定員 18名 / 参加費 1,000円   ※要予約

富士山のような何かをさがそう
富士山をテーマにさまざまな魅力あふれるプロダクトを生み出している池ヶ谷知宏さんと一緒に、日常の中にある富士山をさがしてみませんか。
※こちらのイベントは終了しております。
   日時 8月24日(日)13:30-16:00
       ※要予約  7月10日(木)より受付開始
             (7月3日(木)よりファミリー会員先行受付開始)
   対象 小学生から中学生まで
   定員 10名 / 参加費 1,000円
   持ち物 デジタルカメラ・メモリーカード(お持ちでない方はご相談ください)

ワークショップの詳細はこちら




■『東海道新幹線 各駅停車の旅』 トークイベント
『東海道新幹線 各駅停車の旅』(ウェッジ)の著者である甲斐みのりさんに、広重の「東海道五拾三次」にも描かれた場所の魅力について、現代の私たちが出会える風景について語っていただきます。ミュージアムショップでは、甲斐みのりさんが選ぶ東海道土産を展示販売いたします。
※こちらのイベントは終了しております。
   日時 9月21日(日) 14:00—15:30
   出演 甲斐 みのり
   会場 ベルナール・ビュフェ美術館
   料金 入館料のみ

甲斐 みのり(かい・みのり)
文筆家。1976年静岡県富士宮市生まれ、富士宮育ち。大阪芸術大学文系学科卒業。
旅、お菓子、クラシック建築、雑貨、音楽、日々の暮らしなどをテーマに、多くの書籍や雑誌で執筆を行なう。『静岡百景』(millebooks)、『甘く、かわいく、おいしいお菓子』(主婦の友社)など、これまでに20冊以上の書籍を上梓。http://www.loule.net

■おやつでめぐる「東海道五拾三次」展
美術館に隣接するカフェTREEHOUSEにて、展覧会に関連した特別デザートをご用意します。
富士山コーヒーゼリー 赤富士いちごゼリー 富士さんクッキー 他

■静岡県発の富士山グッズを紹介
池ヶ谷さんが運営するgoodbymarketや三島市のFloydがプロデュースする富士山グッズをはじめ、富士山をテーマとしたプロダクトの数々をご紹介。


お問合せ先
ベルナール・ビュフェ美術館
〒411-0931 静岡県長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平)515-57
TEL 055-986-1300/FAX 055-987-5511

『東海道新幹線 各駅停車の旅』
Origami Fuji ©goodbymarket