東海道五十三次
−広重から現代作家まで−

会期:2011年4月24日(日)~8月30日(火)

歌川広重『原』1833年
棟方志功『裾一文字(原)』1964年
水木しげる『妖怪道五十三次』より
『京都』2003年 © 水木プロ
奈良美智『Ocean Child』1999年
© Yoshitomo Nara
江戸時代後期に活躍した浮世絵師歌川広重(1797-1858)は自然と旅を愛し、日本の豊かな風土と人々の人情味あふれる姿を木版画によって表しました。なかでも保永堂版『東海道五拾三次』(木版画55点)は、当時の旅行ブームを背景に人気を博し、広重の出世作となりました。四季折々の活気ある宿場町や詩情漂う街道の風景は170余年の歳月を越えて私たち現代人に江戸の旅情を届けてくれます。『東海道五拾三次』は後世の文化や芸術の指針となり、数多くの画家が移りゆく街道の風景を筆に託してきました。
1963年、木版画家棟方志功(1903-75)は自身の足で東海道を取材し、暮らしの風情や文化を‘板画’によって織り成しました。すべてを自刻自刷した『東海道棟方板画』(木版画62点)からは、広重を尊敬しつつも、独自の表現を極めようとする志功の息づかいが伝わってきます。
さらに広重の構図をベースに独自の世界観を展開した水木しげる(1922-)の『妖怪道五十三次』(木版画8点)は江戸時代から存在したかのような錯覚を見る者に与えることでしょう。このほか、現代作家の奈良美智(1959-)の『in the floating world』(reworkedwoodcut、Fuji xerox copy16点)を展示します。東海道の魅力とともに時空間を越えた競演をお楽しみください。

開館時間 10:00~18:00 ※ご入館は閉館30分前までになります。
休館日 水曜日 (5月4日・5日は開館)
入館料 一般1000円(900円)大学生・高校生500円(400円)中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金
※上記の他にヴァンジ彫刻庭園美術館、IZU PHOTO MUSEUM、井上靖文学館との共通券もございます。
主催 ベルナール・ビュフェ美術館
住所 ベルナール・ビュフェ美術館
〒411-0931静岡県長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平)515-57
TEL.055-986-1300/FAX.055-987-5511


■ギャラリートーク

日時=5月~8月の第2・4土曜日13:30~ 約30分

■ワークショップ

4月~8月、3人の作家がそれぞれ4回のワークショップを担当します。全12回。予約制

○道を描こう
講師=鈴木健司(造形作家)
日時=4月24日(日)、5月5日(木・祝)、5月15日(日)、5月22日(日) 各13:00~16:00
場所=ビュフェこども美術館
対象=4才~中学生 定員=各日15名
参加費=1000円

○五十四番目の宿を描こう
講師=持塚三樹(現代作家)
日時=6月5日(日)、7月17日(日) 各13:00~16:00
場所=ビュフェこども美術館
対象=4才~小学生 定員=各日15名
参加費=1000円

○広重ブルーのわらじをつくろう
講師=持塚三樹(現代作家)
日時=7月31日(日)、8月14日(日) 13:00~16:00
場所=ビュフェこども美術館
対象=小学生以上 定員=各日10名
参加費=1000円

○かんたん版画教室
講師=長谷川ジェット(版画家)
日時=8月11日(木)、8月12日(金)、8月18日(木)、8月19日(金) 各13:00~16:00
場所=ビュフェこども美術館
対象=4才~小学生 定員=各日15名
参加費=1000円

予約方法
4月~6月のワークショップは4月3日10時から受付開始。
7月~8月のワークショップは6月5日10時から受付開始。
TEL:055-986-1300

■その他ミュージアムショップでは東海道関連の本やグッズを取り揃えます。