ビュフェのパリ ―カフェと映画と音楽と

会期: 2024年4月6日(土)~11月24日(日) 主催: ベルナール・ビュフェ美術館 別館企画展示室

≪パリ風景≫ 左からサクレ=クール教会堂、サン=ジャックの塔、エッフェル塔、ムーラン・ド・ラ・ギャレット 1967年 リトグラフ

—戦争から解放された私たちは、見て、聞いて、読むことに憧れ、夢中でした。目の前に差しだされる何もかもすべてに、私たちはむさぼりついていました—  ―ビュフェの義姉シモーヌの手記より

ベルナール・ビュフェが20歳の若さで画家として注目を浴びたのは1948年。第二次世界大戦のあとのフランスで、人々がナチス占領下の抑圧から解き放たれ、長く渇望していたあらゆる文化を楽しみ始めた時代でした。さまざまな分野の文化人たちはカフェに集い議論をかわし、若者たちはカミュやサルトルの思想に熱狂しながら新しいファッションを生み出し、ジュリエット・グレコが歌い、マイルス・デイヴィスはクールなジャズを奏で、ブリジット・バルドーがスクリーンを賑わせる…ビュフェはまさにそんな時代を生きた画家だったのです。

≪ポワン・ドゥ・ジュール≫アルバム・パリより 1962年 リトグラフ

≪サン=マルタン運河≫ 1989年 油彩

本展では、ビュフェが画家人生でいくども描いたパリ風景の作品を中心に、フジタやユトリロ、グリューベルら、ビュフェ以前の画家たちの描いたパリ、サン=ジェルマン=デ=プレ界隈を舞台に新しい文化を生み出した、時代を代表する文化人たちのポートレート、そしてジェラール・フィリップやジャンヌ・モロー、ジャン=ポール・ベルモンド、ブリジット・バルドーらの活躍した当時の映画ポスターや資料なども展示します。ビュフェの愛妻アナベルも、ビュフェと出会う前からモデルや歌手として活躍し、サン=ジェルマン=デ=プレを特別な場所にしていた女神(ミューズ)のひとりでした。会場のBGMでは、アナベル自身、そしてアナベルとも親しかったジュリエット・グレコの歌声や当時のジャズも流れます。

≪サン=ジェルマン=デ=プレ≫ 1971年 油彩

≪アナベルの肖像≫ 1959年 デッサン

映画「突然炎のごとく」ポスター 1962年公開 クリスチャン・ブルータン作 @Christian Broutin / SAIF, Paris & JASPAR, Tokyo/2024 C4547

画家としてデビューするために制作に勤しんでいた10代後半のビュフェは、当時パリで広まっていた「シネクラブ」で、友人や兄夫妻とともに映画を楽しんでいたといいます。ビュフェの人気が高まっていたころは、「ヌーヴェルヴァーグ(新しい波)」が現れ、フランス映画界が次々と意欲的な傑作を生み出しはじめた、まさにその時代でした。ビュフェは、彼の人気がピークにあった1958年、第11回カンヌ映画祭の審査員として招かれてもいます。1950年代後半からその後のフランス映画のポスターで、当時の雰囲気をお楽しみください。

さあ、ビュフェの作品にみちびかれて、「あのころのパリ」へ。

 

プレスリリースはこちらから。

関連イベント

好評開催中の開館50周年記念展「ベルナール・ビュフェ 偉才の行方」もあわせてご覧いただけます。